molio

PORTFOLIO

BIOGRAPHY

MEDIA

CONTACT

-
instagram

youtube
art works

■naraka

soundtrack

naraka 2023
[サウンドインスタレーション・舞台装置・舞踏]

Overviwe_
  古来、音楽は教会音楽にもみられるように祈りの行為として営まれてきました。日本でも、音楽によって神霊を招いて安置する、現世とは隔離された「神座」という空間を設け、神々を勧請し、招魂や鎮魂といった神事を行っていました。つまりは音楽とは「概念的な空間」を展開する行為であると捉えられます。本作品では、直接響きを操作するシステムを基に、音楽という営みの再解釈を行います。

performance_
  土着的な身体を探求する舞踏による身体表現を起点に音が動くことで、「地獄」というモチーフ、音楽空間を形成します。パフォーマー2名はそれぞれ「鬼」と「人」を表しており、異なる視点における「地獄」を表すことで、より複雑な音響空間を構築します。 相反する「ユートピア」と「ディストピア」の2つの世界線を同時に構築し空間を立ち上げ、地獄の本質を再考したい。

Overviwe_Overviwe_
  Since ancient times, music has been practiced as an act of prayer, as seen in church music. In Japan, music was used to invite and enshrine divine spirits in a space called “kamiza,” which was isolated from this world, to invoke the gods and perform Shinto rituals such as invocations and requiems.In other words, music can be seen as an act of developing a “conceptual space.This work is a reinterpretation of the activity of music, based on a system that directly manipulates sound.

performance_ (performance of the body)
  The motif of “hell” and the musical space will be formed by the movement of sound, starting from the physical expression of Butoh, which explores the indigenous body. The two performers represent a “demon” and a “human” respectively, and by representing “hell” from different perspectives, a more complex acoustic space will be constructed. We would like to reconsider the nature of hell by simultaneously constructing two contradictory world lines, “utopia” and “dystopia,” and launching a space.







molio molio molio molio molio

CREDIT
naraka(2023)
Concept/Sound: Takuto Morio
Stage design: Ryosuke Hara(Playhouse ROCKAKU NUT)
Management: Chihiro Sugamoto(Playhouse ROCKAKU NUT)
Production: miyatakai
Photography: Shuichiro Abe ・ Okutsu Ryoya
Editing: Okutsu Ryoya
Typography: Kiichi Okada

Performance: Yubusha
Voice: Asumi
Direction: Takuto Morio

Special thanks: Office Mizuno

■Wurzel(2021)

room306project

from銀座 奥野ビル306号室
2021/03/25 Performance
2021/05/30 Performance
2021/06/20 Exhibition

音楽はそれぞれ音による根源(イメージ)を持っている。これが展開されることで「音楽」になる。完成した音楽では聴くことのできない、 音楽の根源的な部分を「根」と呼ぶことにした。植物で言う根っこと花、人間でいう魂と肉体というように、ものは根源をもとに構造を形成している。 音楽の源とは何か。トイピアノの自動演奏と逆再生による演奏から根源の表現を試みた。







molio molio molio molio

CREDIT
Wurzel(2021)
Concept / Sound / performance: Takuto Morio



music

sound works







葵 / 先天的夜行性法
words : yugaku_purple
music:tank
作曲、アレンジ:Takuto Morio(tank)
Voice:明澄







消しゴム / 先天的夜行性法
words : yugaku_purple
music:tank
作曲、アレンジ:Takuto Morio(tank)
Voice:明澄



other works

■Superstition service

media

音楽配信というメディアを通じてそのメディアを批判することや、アナログとデジタルのデコンストラクションを目的に立ち上げられたプロジェクト。 bandcampにて販売されるプラスチックカードに印刷されたQRコードを読み取ることでオリジナルサイトが開き、本楽曲が聴ける仕組みとなっている。 デジタルリリースの普及による消費の加速への疲労感や儚さを、再生システム自体に表現した。そのため、最後の楽曲はいつかまた思い出してカードを読み込んだ時に聴けるようになっている。



molio



molio

CREDIT
Kazuki Kimura – Superstition service
Photo: Miya Kanuma
Card Design: Yo Hoshika
Web Production: Takuto Morio







molio

■BRAND
忙しい日々に追われ、洗濯物を干す時間もないほどお疲れのあなたにぴったりの超小型衣類乾燥機。乾燥機能はもちろん、デザイン性にも優れ、あなたの生活に寄り添う“ ちょっとだけ"未来のすまい "を実現します。

media

sound direction: takutomolio







molio

■BRAND
軽量・コンパクト・丈夫が特徴のエコバッグ。重さはわずか22g、手の平にすっぽり収まるサイズ感ながらも容量は19L。たたまなくても袋に収納することもできるため日常の利用も楽チンです。だから、いつでもどこでも一緒に。

media

sound direction: takutomolio